界面輸送工学研究室(長谷川研究室)では、流体力学と最適制御の知見を融合し、熱流体現象の
制御や予測に関する研究を進めています。



WHAT'S NEW新着情報










学生の皆さんへ

研究室への配属に興味のある方は、入試試験等については機械工学専攻にお問い合わせ下さい。

また、研究室および研究内容については、直接研究室までお問い合わせ下さい。

今後の発表予定

  • 高木 健吾,塚原 隆裕,大澤 崇行,長谷川 洋介
    「共焦点顕微鏡を用いた液滴蒸発過程におけるマイクロ粒子の時空間分布計測」
    日本機械学会流体工学部門講演会,宇部,平成28年11月12日?13日
  • Hasegawa Y., Suzuki, T.,
    “Estimation of turbulent channel flow based on the wall measurement with a statistical approach”
    69th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics, Portland, Oregon, USA, Nov. 20-22 (2016)
  • Wang, Q., Hasegawa Y., Meneveau, C., Zaki, T.,
    “Adjoint-optimization algorithm for spatial reconstruction of a scalar source"
    69th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics, Portland, Oregon, USA, Nov. 20-22 (2016)